くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

今日で2月も終わり。
今月はやはりいろんなことが動いた。

人生は日々の積み重ね。
過去の自分があるから今がある。

私の研修を受けたことがある人なら知ってるエピソードをひとつ紹介しようと思う。

私は38歳の時、両親を相次いでがんで亡くした。闘病の末、父の葬式に母は出ることなく、2ヶ月後に亡くなった。
学生時代からがんばり屋さんで生きてきたけど、自分がどんなに頑張ってもどうにもならないことがあることを初めて知ったのかもしれないし、大きな喪失感の中、メンタルはどん底、1人になると涙がポロポロこぼれてしまう毎日。
それでも子どもたちの前では普通にしていたつもりだったのに、当時、10歳の娘がプレゼントしてくれたのがこの絵。

FullSizeRender

この日を境に、在りし日の両親を思い過去に生きるのをやめ、目の前の大切な家族のために前を向いて未来を見て生きようと思った。

がんに関わる全ての人たちへの支援をしようと起業し、その時から杜椛(とも)さんと呼ばれ、たくさんの出会いがあり、そして今がある。

両親が自らの命を削ってまで、娘の私に学ばせたかったことを、今もなお、学び続けている。
両親の最期のプレゼントを無駄にしないために、これからも生きていく。

人生は選択と決断の連続だ。
守らなければならないものがある時、人は強くなる。

3月は来年度をより良くするために動くつもりだ。



























日曜日は岐阜県小児在宅支援研修会に参加した。
くらしケアは岐阜市の高度専門分野相談支援事業所としての委託を受けてるし、医療的ケア児等コーディネーターの役割を果たすために。
でも、休日に丸一日の研修、いろんな面で気分がのらなくて午後からはサボってしまおうかと思いながらの参加。。

だけど、参加して良かった(^^)

この3年、それなりにいろんな専門職の方々と顔見知りになり、午前の講義も午後からのグループワークも、想像以上に楽しめた。

岐阜には医療的ケア児の支援について、前例がないからと諦めず、実践して来られた先駆者がいる。
苦労を分かち合い、なんのための誰のための支援なのかを考えれば、さすがみなさん、在宅のプロ。すぐに意気投合できる。

FullSizeRender

ここぱーくでもお世話になっている総合診療医の島崎先生もホントにステキなドクターだとつくづく思った。
若さと気さくさで、チームの一員として降りてきてくださる。

岐阜の訪問看護の第一人者の野崎さんにも久しぶりの再会。みらいの市川さんはこの業界を牽引している。
看護師の大先輩から学ぶことは大きい。

多職種連携、顔の見える関係を築くには、やはり億劫でも一歩出ていくことは大切。
地域を変え、社会を変えるにはたくさんの人との繋がりが必要だとあらためて感じた。





















以前、私が岐阜県若者サポートステーション(サポステ)を利用しているニートの若者の健康相談をしていたご縁から、くらしケアではサポステ利用者の就労体験受け入れ企業として登録している。

サポステ→ http://gifusapo.icds.jp/

なんらかの生きづらさを抱えて引きこもっていたり、人とのコミュニケーションが苦手だったり、働きたいけど自信がない若者に対し、様々な支援をしてもらえる場所。

生きていれば、失敗したり、悩んだり、躓いたり、病気をしたり、いろんなことがある。
そして、夜明けの来ない夜はない。
リカバリーを応援したいと思う。

聖子ちゃんの瑠璃色の地球、リカバリーの歌だなぁと思う♫


FullSizeRender










このページのトップヘ