くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

連休明け。スタッフと関係機関とご利用者さまと、とにかく休む暇なくしゃべりまくった結果、夕方には声が枯れていた(笑)

本日、ゆっくり相談に乗れなかったスタッフには申し訳ないm(_ _)m
遠慮なく捕まえて話しかけて欲しい。

アフターファイブ(死語か?)は、ホットヨガへゴー!!たっぷりデトックスとストレッチでチャージ完了。明日も元気に迎えるなり。

ところで突然だけど、
「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる」
聞いたことある言葉でしょ。
私はつい最近まで、この言葉を信じて生きてきた。

けど、XJapanのYoshikiがテレビ番組で言った。

「過去は未来で変えられる」

これからはコレで生きることにした。
ぜひ、お時間のある人は動画を見て欲しい。


FullSizeRender




























くらしケアはどんな会社かと言えば、最近は、看護の力と住まいの支援を通して、生きづらさを抱えた人の自立・自律を支援する会社。単なる訪問看護の会社ではない。と説明している。

「最近は」とあえて言うのは、目の前の支援が必要な人に合わせて、今後も進化していくはずだから。近い将来、必ず「テクノロジーの力」が加わるハズだし。

ただね、訪問看護は事業の柱となっていて、チームの仲間は日々精進し、素晴らしい支援を提供してくれているからこそ、さらに発展できると言うわけ。

FullSizeRender

さて、連休明けの今日はくらしケアの居住支援について、うちのホープである市川PSW(精神保健福祉士)と軽く打ち合わせをした。
私たちの支援する対象「ご利用者さま」とはどんな人だろう?

16歳の少年が骨肉腫になり、ある日突然、片足を切断して障がい者になった。当時、5年生存率の話は知らないまでも、病院のベットで明日が待ち遠しいなんて思う事はなく、明日なんて来なければいいと思った。
そんな少年は今、紆余曲折を経てくらしケアの代表となり、ご利用者さまの明日が待ち遠しいくらしの実現のための支援を探求し、挑戦し続けている。

明日、あなたが訪問に来てくれるから。
明日、何か良いことがあるかとしれないから。
明日には希望があり、一筋の光があればこそ、今日を生きようと思う。

では貴方は、明日が待ち遠しい?

支援者だって人間。自問自答しながらの毎日だけど、私は誰かの笑顔や気づきを見たくて、やはりこの「くらしケア」と言う仕事をする。

令和元年、くらしケアは住まいの事業を発展させる。住まいの提供で世の中の貧困をなくし、看護の力で自立・自律を支援する。

くらしケアは、地域になくてはならない企業になる。


































10連休が終わろうとしている。
私は初のソウル旅行でリフレッシュした。
欲張りなので、とにかく胃が休まる時はなく、生マッコリ飲みながら、ユッケ、レバ刺し、特大カルビ、サムゲタン、サムギョプサル、チーズタッカルビ、キムチ、チヂミ、お粥に、あげパン、ストロベリーボンボン、、、。

IMG_2596

地元の人で賑わってる場所が好きなので市場に言ったら、明洞よりかなりお値打ちにユッケが食べられた(^^)
そして、どこに行っても日本語で話しかけてくれるお店の人に感動した。それが仕事なんだろうけど、なんか、愛があった。
アメリカやイギリスに旅行した時、相手は当たり前のように英語しか話さなかったし、こちらがわからないと「わかんないの?」って顔する人もいた。
互いに歩み寄るって大事だと感じたし、だから私も韓国語を勉強したいと思った。
機内アナウンスで「お急ぎの所、恐れ入りやすが」とキャビンアテンダントが言ったことにクスリとしたし、またソウルに来たいと思った。
ソウルの夜はエネルギッシュで長い。みんないつ寝るんだろう?って思うけど、人生短し。そろそろそんな生活も良いかもしれない。

帰国後はエネルギッシュなソウルを持ち帰りつつ、すぐに仕事モードへ。この切り替えは得意な方だと思う。
連休をはさんで、社員面談の真っ最中。
すでに何人かと限られた時間ではあるけど、面談を終えての感想。
「私はネガティブ」って思ってる人が案外いる。
ネガティブは短所ではない。
さらに言えば、ネガティブな人間も組織には必要。
私がチャランポランなお祭りおばさんでいられるのも、ネガティブな人が危機管理をしてくれ、慎重な対応などを日々心がけてくれるから。
それに、ポジティブな人ばっかりの職場ってのも、かなり暑苦しいと思う(笑)

短所だと思うことはそのまま長所にして欲しいし、無理やり変える必要もない。
ありのままの貴方で良いのだ。
そして、まだ本人さえ気づいていないかもしれない、もしくは活かしきれていない長所を伸ばすのがマネージャーの仕事。
それを理解してくれている幹部候補がくらしケアにはいてくれるから有難い。
くらしケアにお寺の副住職さんがいるのを知らない人もいるかも。これって超ラッキーレアカードを持ってることになる。

長文にお付き合い頂き、ありがとう。
くらしケアを始めてから、休み明けがブルーになることもない。

カムサハムニダ(^^)
いやいや、コマウォヨ!!














このページのトップヘ