当事者と言う言葉がある。

私は、母親の当事者。嫁の当事者。支援者の当事者。

FullSizeRender

昨日、ぎふ障がい者きょうだい会主催の、映画シンプル・シモンの鑑賞と交流会に参加した。

とってもステキな映画だったので、ぜひあなたもレンタルして大好きな人と観て欲しい。
アスペのシモンを取り巻くホッコリするラブコメディ❤️

さて、話を戻すと、昨日の交流会の中で、きょうだいだって、支援者だって、セリフケアが必要だよねと言う話になった。

ケアする人にこそ、ケアを。
開業保健師として、医療や介護職の人たち向けに「心と体のセルフメンテナンス」と言うプログラムで研修講師をしていた頃、とにかく言い続け体感してもらった。

自分自身にヨシヨシをしてあげる。
自分で自分を抱きしめてあげる。

もちろん、大好きな人からハグしてヨシヨシされたらもっとうれしいけどね(笑)

さらに、そんなことが苦手な人も、鎧を脱いで話ができる場があると良いなと思う。
当事者会ってそういうもの。

支援者の当事者会をやれると良いのだろうな。
カフェディアス時代は、がんに関わる当事者を募ると、いろんな病院の看護師たちも集まって、肩書き抜きでよく交流会をした。
患者さんの前で、鎧を脱いだ看護師は泣いたりする。
だって、看護師だって人間だもの。
フラットな当事者会。
ケースカンファより有意義な時間かも(笑)
またやれたら良いなと思う。