ご利用者さま、ご家族に育てて頂いている。

そう感じた日曜日。

いつものように、家族会例会に代表と一緒に参加した。
日曜日の開催には、平日には参加できない方々が多く参加していた。

さらに、精神科訪問看護を掲げるステーションから管理者と主担当の2名の参加。
パンフレットを配布され、がんがんご自身のステーションをアピールし、家族の方々の日常の困りごとに対して積極的にアドバイスをされたので、ちょっとだけ引いてしまった(笑)

家族会の方々にとっては、「くらしケアさんのようなことをしてくれるところなのね?」との質問があり、選べる先が増えるのは良いことだ。

けど、家族が外出できなくて困ったとき、本人の見守りのために最大1時間半、主治医の指示があればもっと長時間でも訪問をすると断言されたことには少し困惑した。
私は相談支援専門員の立場からも、誰のための支援かを常に考える。
過剰なサービス競争になるのは避けたいし、精神科訪問看護は家族支援で訪問できるとは言え、本来の目的を見失わないようにしたい。

例会に参加しはじめて3年。
最初は緊張したし、くらしケアのことを知ってもらい、受け入れてもらうまでには時間がかかった。
私も代表も、例会で売り込みをしたことはない。
代表は障がい当事者であり、実体験の中から障がいのある方のその人らしい自立を応援している。
私は精神の専門ではないけど、ご家族やご本人の苦悩に寄り添い、お役に立てることを考え続けてきた。

例会の終わりの時間が近づいた頃、「くらしケアさんも遠慮しとらんで、なんかアピールしときゃあ。」とご利用者さまで支援者でもあるご家族の方に促され、少しだけ近況を報告した。

くらしケアは、ご利用者さまやご家族に育てて頂きながらここまできた。
おごらず、謙虚に、感謝の気持ちを忘れず、これからも期待を裏切らないように常に努力し、くらしケアに出会って良かったと言ってもらえるよう、共にあり続けたいと思った。

IMG_1393

写真は、定期開催している親なきあとセミナー。
ご家族、当事者、支援者など、たくさん参加してくださった。今年は大垣と名古屋でも開催したい。