くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

2018年10月

写真は先日視察をしたwe work のマグカップ。
さすがメードインアメリカ。ビックサイズのマグカップには「あなたの好きなことをしよう」と書かれている。
「あなたは、あなたの好きなことができてますか?」と聞かれたら、私は「はい!」と答えられる。

FullSizeRender

来年度の事業計画に関する調整が続いている。
そのひとつに、我がくらしケア訪問看護ステーションは、看護大学2校から実習先のオファーを頂いている。
開設3年目にして、とてもありがたいこと。
看護学生の時、できの悪い学生だったにも関わらず、なぜか先生になりたいと思ったことがあり、何年か前に非常勤講師として実習のお手伝いをしたことがある。
学生さんはかわいい。そして、教えてもらえることがたくさんある。
将来、一緒に働くかもわからない看護師の卵さんに伝えたいことがある。
看護学生の時の小さな夢が、先生にならなくてもこうしてかたちは違うけど、私らしく叶っていく。

くらしケアの仲間のおかげで(^^)

















来年1月にイベントを企画しています。
そのためにいろいろ楽しみながら準備中。
コンボ亭月例会に参加し、答えのない大きな課題に対して何ができるのかを考え、次回イベントの講師依頼にも成功。

FullSizeRender

くらしケアの訪問看護のスタートは、ある精神障がい当事者の方との出会いから。
支援者としてのスキルアップももちろん大切だけど、当事者や家族の方々の近くに行き、声を聴いてきたから今があります。
出会いを大切に、学びを大切に、再来週は高山に行きます(^^)

















私は職場の仲間の影響で、数年前からXジャパンのにわかファンである。

IMG_0218

それぞれのメンバーが仲間を心から信頼していて、ファンを大切にしているところが好き。

くらしケアの仲間は25人。今月は1人、来月にも1人、再来月にも1人、仲間が増える。
信頼できる仲間が増える分だけ、ご利用者さまの役に立てるはず。
今日も朝から、そんなくらしケアのチームワークは最高だと思ったし、仲間がいるから頑張れる(^^)
















秋晴れの日曜日。
予定がポッカリ空き、家族も誰もいないのでウォーキングをした。
50分間、じんわり汗をかきながら、これからのことをいろいろ考えた。
ウォーキングのテーマ曲はやはり水前寺清子だ。

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー・ワン・ツー
ワン・ツー・ワン・ツー


FullSizeRender

ウォーキング中に見かけたサギ。
子供の頃、ツルだと思っていた。











ネイルをするようになって1年が経過し、お金ももったいないし、やめようかと思いながらも続いている。
貴重な休日、3〜4週間おきに約2時間。
馴染みの若いネイリストさんとのこの時間はいろんな発見もあるし貴重。
対人援助職として25年あまり。いつまでも仕事は新鮮なものであり、多様性を受け入れられ、時代の急速な変化にもついて行きたい。
視野が狭くならないように日々学び、目の前の人に最善を尽くすために、自分自身のメンテナンスは特に大切だと考えていて、自分を満たすめの1つの手段としてネイルの時間がある。
そもそもネイルをしようと思ったきっかけは、キャンナスの由美代表がいつお会いしてもキレイなネイルをしているから。
後日談で、由美代表は爪が薄くて割れやすいための対策だとわかったのだけど。 


FullSizeRender


今回のネイルは秋を意識した最新のマーブルネイル。看護職としてはNGだけど、相談支援専門員としてはギリギリセーフと勝手に決め、だんだん派手になってきた(*≧∀≦*)







このページのトップヘ