くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

2019年01月

今日も充実した1日だった。
支援者も人間だから、傷つくこともある。
けど、プロとして、どうありたいかだと思う。
早朝、代表から送られてきたトヨタの社長のお話。ぜひ貴方も見て欲しい。


IMG_1487

写真はここぱーくの支援風景。
ここにもプロがいる。





















相談支援専門員として、医療的ケア児を福祉と医療と教育の連携でどうやって支援をしていくかというテーマの研修で、少し話をする機会を頂いた。

医療的ケア児は新しいカテゴリーの障がい児。重症心身障害児の行き場ももちろん少ないけど、医療的ケア児はもっと少ない。

医療的ケア児を対象にしているここぱーくは、くらしケアだから運営できるけど、ほとんどの福祉の事業所は看護師を雇う余裕はない。

それでも、医療的ケア児をなんとか福祉の事業所が受け入れられないかを考えてみたい。
「うちは看護師がいないからお預かりできません」と言えばそれまで。
訪問看護ステーションと医療連携をすれば道が拓けることを知らない事業所も多い。

今日も手広くやってる放課後デイの事業所縮小の話を耳にする。どこの法人も経営上、報酬の高い事業へと舵を切り出したのがわかる。そんな状況で医療的ケア児を受け入れられるかはわからない。
けど、あきらめちゃいけない。
心が折れることもあるけど、ご利用者さまの笑顔のために。

FullSizeRender

今日は雪が舞った岐阜市。
春よ、来い来い!ひと足早い春ネイル💅





















子どもの頃、好きな食べ物は?と聞かれて、いちごと答えてた。果物の絵を描くときも、いちご。

いちごにはトキメキがある🍓

ときめくことって大事だと思う。
ときめきとは、期待や喜びで胸躍る状態のこと。

くらしケアの最初の理念はこうだった。
私たちは、「              」の明日が待ち遠しくなるくらしを創造し、実現します。

「             」には、ご利用者さまはもちろん、あなたや、家族や、大切な人や、わたしを入れることができる。

これって、ときめきやん💕

FullSizeRender

カントリーマアムのいちごはもちろん美味しかったけど、私はやはりバニラが一番好き(^^)




















テニス全豪オープン、初優勝おめでとう!
大坂なおみさん、すごい。

FullSizeRender
※画像はネットからお借りしました。

素直で飾らず、自然体。
とにかくキュート。 
どんなときもユーモアを忘れない。
世界から愛され、応援されるって得だ。

人は誰でも、好かれたいと思うのが普通。
嫌われるより、好かれた方が良い。
けど、そのために人に合わせすぎたり、顔色伺ったり、自分を押し殺したり、媚を売ったりする必要はないと、私は思う。

まずは自分で自分のことを愛してあげよう!

・性格は「顔」に出る
・生活は「体型」に出る
・本音は「仕草」に出る
・美意識は「爪」に出る
・清潔感は「髪」に出る
・気配りは「食べ方」に出る
・芯の強さは「声」に出る
・ストレスは「肌」に出る
・落ち着きのなさは「足」に出る
・人間性は「弱者への態度」に出る

らしいよ。

話は大坂なおみさんに戻り、先日試合中にハエを追い払うシーンが報道されてたけど、彼女はハエからも愛されるのだ❤️













今日は病欠が1人出たけど、ようやく実現できたくらしケア名古屋のキックオフミーティング。
スタッフと語り合うことは大事だとつくづく思う。しかもこれくらいの人数がやはり最適。

FullSizeRender

今年、他にはないあっと驚くハコモノを創る案が浮上⚽️ 酔った席での話がどんどん実現するのもくらしケアらしい話。
やっぱり飲み会は定期的にやれると良いと思う。















このページのトップヘ