くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

2019年03月

会社の発展と成長には、どちらも大切。
木を見て森を見ず。森を見て木を見ず。

FullSizeRender

女性は感情の生き物、感情に流されやすくて扱いが難しいと悪い意味でよく言われるけど、感動やトキメキには敏感で、きめ細かいことに気を配れ、母性を発揮して良い仕事ができると思っている。

いよいよ新年度が始まる。
「森を見て木を見ず」にならないために行動することにした。























先週の土曜日、家族でいちご狩りに行ってきた。子どもが小さい頃から毎年の恒例行事。
大人になっても付き合ってくれる子どもたちに感謝(^^)

FullSizeRender

いちご狩りのついでに、久能山東照宮にも参拝。坂道と階段が予想以上にハードで、お腹いっぱいのいちごをリバースしそうになった🍓

でも、そのおかげで徳川家康公の素晴らしいお言葉に出逢う。
「不自由を常と思えば不足なし」この年になると大きくうなずける。

FullSizeRender

FullSizeRender

そして、まだまだ人生道半ば。
失敗を恐れずにいこう。
失敗と成功は表裏一体だから。
成功体験のない人とは、失敗体験のない人。
多くの人は失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。
潜在意識は変化を嫌う。変わることは勇気がいる。けど、年度変わりの春はちょうど良いタイミング。

FullSizeRender


写真は「東京ばな奈ラッコ コーヒー牛乳味」
常に新しい味に挑戦し続けてる所がすごいと思う。























毎朝届くメールレター「成長のヒント」をシェア。

1人だけで頑張っても、限界がある。
1人の能力を高めても、上には上がいる。
自分だけの夢を叶えても、虚しさも大きくなる。
自分だけの豊かを求めても、長くは続かない。
ちょっと前までは、自分の能力を高めて、自己実現を求めていればいい個人の結果にスポットライトが当たる個人競技だった。
しかし、これからは本格的に団体戦(チーム戦)が始まっていく。そのために大事なことは2つ。

1つ目は
いかに心温かい仲間たちと出会い、ぬくもりのあるチーム(コミュニティー)を作っていくか。

2つ目は
同じ理想や未来に向かって、信頼関係の網の目で結ばれた戦友たちと、思いと力を合わせて団体戦(チームプレイ)で乗り越えていくか。

この2つを進めていくために必要なことは
1)理想や理念や人生の柱を打ち立てる
2)全体を考え、自分よりも周りのことを思いやれる温かな心を育てていく
3)みんなのために自分ができることをやって、関係性をつくっていく

◆成長のヒントバックナンバーはコチラ
 http://ow.ly/4qNzw


IMG_1946

くらしケアを創り、1人の限界を知り、チームの有難さを知った。
4月には仲間が4人増えるけど、1人1人がくらしケアの主役で、1人1人の強みを発揮してもらえるようなマネジメントができたらと思う。



















































今日は看護師国家試験の合格発表日。
無事、看護師になれた娘ちゃん🌸
親としてはホッとひと息。
子育ては親育て。娘ちゃんからたくさんのことを教えてもらったし、これからもそうだと思う。

FullSizeRender

FullSizeRender

しかし、成人式然り、女の子はお金がかかる💦

FullSizeRender

ここぱーくのみんな、ありがとう😊






















今晩も楽しくフィギュアスケート選手権を見た。
羽生結弦くんの日本人離れしたスタイルにはいつも見惚れてしまう❤️
「ライバルは自分自身」と答えるかっこよさ✨

とにかく自分との戦いなんだと思う。
結果についても、誰かと比べて凹むのではなく、ただただ自分の「でき」について評価する。
自分にとことん厳しくなくてはやれないと思う。

凡人の私は、やはり自分にめちゃくちゃ甘い。
けど、いくつになっても常に進化し学び続ける気持ちが大切だと思う。
過去の経験だけでなんとかなるような仕事はないし、新しいものをどんどん吸収しなくちゃと思う。


FullSizeRender


そういえば昔、イナバウワーの荒川静香に似ていると言われたことがある。















このページのトップヘ