杜椛 くらしケア

カテゴリ: くらしケア

2012年の今頃、私はがんの常設サロンのあるコミュニティカフェ「感動カフェ・ディアス」のオーナーになりました。
当時の私は、看護職と言う鎧を脱ぎ、みんなから「ともさん」と呼ばれ、苦労もありましたが、自由に楽しくやっていました。

支援する人とされる人の垣根をこえた交流の場、小さなカフェ・ディアスには、がん関係以外にもいろいろな人が集まり、多様な生きづらさを抱えた人々による、さまざまな会(発達障がいの母親、認知症介護者、障がい者のきょうだい、シングルマザー、被災者)が開催され、ピアの視点で伴走支援が繰り広げられていました。

くらしケアの代表との初めての出会いはこのカフェ。
ある日の「エンディングノートの会」に代表がゲストスピーカーとして参加されました。
エンディングノートの会は、今で言う「ACP=人生会議」で、最後はランチを食べながらの交流会があり、私は厨房でシェフのランチ作りを手伝っていたため、代表の話は聴いていませんでしたし、当時の代表は多くのお客様の中のひとりでした。

IMG_5465

数年後、このカフェがくらしケアの事務所となり、移転した今も大切に当時の机やイスを使っています。

さて、前回のブログは少しグチっぽくなり、一部のスタッフには心配をさせてしまったようですが、ありのままの私なのでご容赦ください。

カフェ開業から8年経った2020年、くらしケアは次のステージに進むべく、これまでのこと、これからやっていこうとすることを言語化する作業をしているのですが、これがなかなか大変で。。。

代表はくらしケアを創った時にとんでもないことを言いました。
「ナイチンゲールが看護師と言う職業を創ったように、『くらしケア』と言う職業を創る」

これでも看護師の端くれである私としては、看護師と言う鎧が窮屈で脱いでみたり、新しい看護職の働き方を提案してきたつもりだけど、新しい職業と言われた時、???でした。

でも今はなんとなくぼんやりとイメージできるようになりました。

くらしケアの軸となる精神科訪問看護。
精神科病棟の看護との違いも含め、くらしケアでも活用しているiBowさんの記事にわかりやすくまとめられています。



なんとなくまとまりのないブログですが。。

IMG_5485

FullSizeRender


令和2年2月22日22時22分、中年太りもなんのその、永井杜椛52歳、スタッフ命❣️家族命❣️
明日からも頑張ります(^^)

















「人の第一印象は3秒で決まる」と言われています。メラビアンの法則を知らない人は少ないかもしれません。

知らない人は今、ここで学ぼう(^^) → 


くらしケアの採用担当責任者として、その決断には会社の将来と応募者の人生を背負い、結構しんどいこともあります。
面接は今のところほとんど代表と一緒に行いますが、人は誰でも見たいように人を見るし、たぶん相性と言うのはあって、どんなに優秀でも、会社の風土にマッチするか、代表の想いに共感してくれるかを真剣に考えます。

最初の頃はなかなか応募もなく、それでも紹介会社からの紹介は一切受けず(正確には、紹介会社に支払う紹介料がありませんでした)徐々に理念に共感してくれた人が集まってくれて今があります。

おかげさまで最近は信じられないくらい沢山の応募があり、苦渋の決断をすることが多いのですが、実際に現場のスタッフ達が採用する人とうまくやれそうか、やりにくくならないかを一番大切にします。
さらに、採用する人がその人の強みを発揮できそうか、会社として自己実現を応援できそうかを客観的に考えます。

くらしケアは昨年3拠点を増やし、来月には岐阜本部の移転が決まり、一見するとすごく順調そうに見えるかも知れません。
でも、1つの拠点が単月黒字になるには順調にいっても1年かかります。1年後、ようやくそれまでの赤字部分を埋めていく作業が始まり、成長を止めたら衰退しかない、だから今も道半ばです。

くらしケアを創って、さまざまな苦労がありました。代表は1年間、報酬なしでした。私は今はお気に入りのルーミーを社用車として使わせてもらってますが、自家用車でガソリン代やETC、携帯代も自己負担していた期間が長かったです。
これは今もだけど、私と代表はほとんど休みなく働いているし、世の中の経営者の年収と比べたら普通にサラリーマンやってた方が高いです。
悔しい思いや辛いことも沢山あるのに、なんで経営者をやってるんだろうと思うこともあるけど、これも自己決定してることだし、今は大切な仲間も増えて、仲間を守るために頑張らなきゃと思っています。

小さな小さなカフェディアスの跡地からスタートした事務所の経験があるので、新しい事務所を創るたび、机やイスをお得な通販で購入して自分たちで組み立てたり、今も決して贅沢はしていないつもりです。

写真は新事務所のブラインドを設置する代表。

IMG_5459

もうすぐ52歳。あと3年はとにかく頑張ります!!















今日は、親なきあとの将来のことなどをみんなで語り合う「対話カフェ」に参加しました。

以前、くらしケアとの共同研究から始まった「親なきあと問題に看護職としてどう関われるか」を県立看護大学では継続して研究されています。

くらしケアではお馴染みの当事者であり自助グループたんぽぽ代表の廣田さんのミニ講演もありました。

こうして、くらしケアがやってきたことが少しずつ広がり、次に繋がっていることがうれしく思います。

IMG_5393

くらしケアからもスタッフが参加してくれ、帰り際、「仕事で少し凹んでいたけれど、グループのみなさんから元気をもらいました」との感想に、うれしくなりました。

くらしケアの原型ができたとき、私は知人の紹介で、たったひとりで精神障害者の当事者会に参加しました。そのときのことを今でも時々思い出しますが、ドキドキしたし、正直少し怖かったし、みなさんから矢継ぎ早に質問を受けて戸惑いました。
それから、くらしケアの訪問看護はそこで出会った方が第一号となり、あの時の出会いがなければ、今のくらしケアはありません。

家族会や地域のイベントは土日が多いので、スタッフに参加の強制はできないけど、支援者として、専門職として、そこにはさまざまな苦悩に向き合い、ともに歩む、くらしケアの原点があると私は思っています。

支援者であっても人。人は人に癒され、励まされる。スタッフの今日の感想はまさに、支援する人と支援者される人と言う関係をこえたもの。私はそこも体験して欲しいと常日頃思っています。

廣田さんとも、そんな関係を築けたらといつも思っていますが、どんどんブラッシュアップされていく講演の中で、今日のお話を少しシェアします。

親なきあとのことを考えると不安は尽きない。1つ解決したとしても、次の不安が出てくる。

そこで廣田さんは「不安の解決」ではなく、あえて「解消」と言う言葉を選んだとのこと。

親なきあとの問題はいつ起きるかわからない、その意味で、災害対策と同じかも。第三者を交えて話をすることが大切で、問題解消の準備になる。

FullSizeRender


最後に、親なきあとの不安の解消のために、私たちはこれからもくらしケアと言うビジネスをしていきたいと思います。

「ビジネス(business)」の語源は、古代英語の「bisignisse」とされています。この古代英語が持っていたのは「care(ケア)」、「anxiety(心配事)」といった意味だったそうです。

こんな記事を見かけたので、うんうんと頷いてしまいました(^^)











小田さんを知ったのは10年以上前です。
毎朝、成長のヒントと言うメルマガが届きます。そのメルマガをそのままコピペしてシェアします。

<成長のヒント>


 自分のことばかり考えて

 なんとか前に出て活躍しようとしたり

 すごい結果を出そうとしていると


 すぐに限界がやってきて

 イタくなっていき

 人と距離ができていく。



 逆に

 周りの人たちのいいところを見つけ

 そのいいところが発揮されるように関わりって

 人を立ていると



 その姿に

 周りが親近感をいだき、信頼される。



 そして

 結果的に

 周りから押し上げられるように

 活躍の舞台が用意される。





 tomoさんの光に触れる全ての人たちが

 ますます輝いていき


 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。

 小田真嘉

______________

 ◆読者数1万人突破記念プレゼント♪

  ・突き抜けた仕事をしたい経営者やリーダーのための
  無料音声講座「新時代創造経営塾」
  https://fractalist.info/academy/


  ・無料メール講座「ザ・シフト」
  https://odamasayoshi.jp/p/r/XaUFMU5w


 このメールレターの無断引用、無断転載は・・・

 積極的にオススメします!

 お役に立てそうなご友人がいらっしゃいましたら
 ぜひ、プレゼントしてあげてください(承諾は不要です)

 ◆ご登録はコチラからできます↓
 http://www.odamasayoshi.net/

 ◆携帯でのご登録は以下に空メールをお送りください
 mm-boost-2@jcity.com


 多くの方々に読んでいただいているのは
 tomoさんの温かいお気持ちのおかげです。
 心から感謝しています。(-人-)


 ◆成長のヒントバックナンバーはコチラ
 http://ow.ly/4qNzw


 アドレス変更、配信停止は下記URLにてお願いします。

・アドレス変更
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=AgkbWZWDOrTpx2ZzNqiAqA11 
・購読停止
https://mm.jcity.com/Cancel?e=AgkbWZWDOrTpx2ZzNqiAqA11 
______________


令和になり、大きく時代がうねり、変わろうとする今、くらしケアは小田さんが提唱するフラクタル経営を目指したいと真剣に考えています。

メルマガの最後の方に、無料音声講座「新時代経営創造塾」と、無料メール講座「ザ・シフト」のリンクがあります。

新時代経営創造塾のナビゲーターである横溝さんと昨日は3時間、会議をしました。
↓↓こちらが普段の横溝さん(^^)

FullSizeRender


突き抜けた仕事をしたい経営者やリーダーのための
  無料音声講座「新時代創造経営塾」
  https://fractalist.info/academy/

興味のある方は、ぜひ(^^)





















せっかくのインプットを記憶が新しいうちにどんどんアウトプットしたいと思います。

アメニティーフォーラムでのホットな話題がコレ。平成元年12月26日「地域共生社会推進検討会最終とりまとめ」資料。

FullSizeRender

FullSizeRender

断らない相談支援。縦割りをこえ、包括的に相談にのれるよう公的機関がやっていくみたいです。けど、講師曰く、「数人の担当で実際にできるんだろうか?」

くらしケアはそこをお手伝いできるし、地域共生社会に向けて、今までもこれからも実践していくことになると思います。

介護障がい相談、住まい相談、訪問看護の三本柱がそれぞれの役割をこえてご利用者さまのニーズに応えていきます。

2020年、くらしケアの相談員は去年の2倍に増員され、質も量もパワーアップします(^^)

FullSizeRender

他にも、参考になる資料があるので、興味のある人はどうぞ。↓↓










このページのトップヘ