くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

カテゴリ: くらしケア

今日、ひと回り以上年下だけど、訪問看護ステーションを立ち上げる時に指導してくれた若き実業家がくらしケアに遊びに来てくれた。
彼の指導のおかげで今があるのだけど、彼からしたらその後の私たちの成長の速さを見ていて、逆に指導してもらいたいと言ってきた。

経営者には経営者になってみないとわからない苦脳がある。だから、苦悩については冗談もまじえて話しをした。
けれど、ホントのところ私にはその苦悩がない(笑)

悩みは、分かち合ったら半分に。
喜びは、分かち合ったら倍に。

そんな風にやってきた。

FullSizeRender

名古屋事務所の近くにある鳥専門店の親子丼ランチはお値打ちで美味しい。美味しいものを分け合って食べると、より美味しい(^^)


さて、自分ひとりでできることの限界を知ってる人は最終的に強い。
開業保健師として一匹狼的にやってた頃は、全て自己責任だけど、自分さえ信じればなんとかなるし気遣いがいらない分、楽だった。

けど組織とは、仲間に頼り、任せ、信じ、助けてもらうことで成り立つ。

訪問看護も、相談支援も、ここぱーくも、私がいなくてもまわる。事務局も信頼できる。

日本人は謙遜を美徳とする。
経営者仲間に対し「うちなんて、まだまだですよ〜」とか言うし、あまり大きな声で自分の会社のスタッフの自慢話をするのもなと思うから控える。妬まれてもいかんし(笑)

けどまあ、うちは最強の仲間なんで。
来年の今頃には、仲間が今の倍になってるはず。苦労もあるだろうけど、喜びは人の数だけ増えていくはず。




























今日は、くらしケア第3回勉強会「親なきあとの将来のことを親子で考えるセミナー」に、90名の定員を超え、121名の参加を頂いた。

FullSizeRender

日々の業務をこなしながら、こういう大きいイベントを企画開催するのはエネルギーがいる。
けど、あらためてくらしケアはたくさんの方々に応援してもらっていることを実感する。

相変わらず司会進行は慣れなくて、なんで最後の〆で拍手を握手って言ったのかもわからない。けど、うちのご利用者さまがそこを笑いで助けてくれた。
私自身は拍手より握手がしたかったのかもしれない。支援者仲間、久しぶりに会いに来てくれた知り合い、ご利用者さま、家族会の方々、いろんな人と。

最後にスタッフのみんな、立ち見でゴメンね。
スタッフがたくさん参加してくれたことが、とにかくとてもうれしかった。イスを増やしたり、臨機応変に対応してくれたスタッフのおかげで今回は無事に終えることができた。
くらしケアはこうやって少しずつ地域の方々の声を聴き、ご利用者さまと出会ってきたし、他の支援者との関係を築いてきた。
アンケートにはいろんな苦悩を抱えた人の声があり、まだまだ出会えていない方々に出会うため、これからもこのイベントは続けていく。
偏見は誰の心にもあり、偏見を取り除くために知ってもらう活動も続けていく。
看護の力で地域を変え、社会を変えるために。















土曜日の今日は医療的ケア児の通所施設「ここぱーく」のお餅つき大会だった。
イベントの企画から開催までを自主的にやってくれた「ここぱーく」のスタッフみんなと、お手伝いに来てくださったスタッフのお友達の方々、ボランティアの学生さんに心から感謝したい。

そして協力してくれた他部門のスタッフもありがとう!!

準備は大変だったと思うけど、イベントを開催することってやはりとても大事だなと思った。どうして大事かは参加して体感した人にしかわからない。
かと言って、強制的に参加してとは言えないし、働き方はそれぞれで、さまざまな価値観があって、参加するしないは本人の意思に任せられるし仕方ないと思う。

FullSizeRender


最後は花餅づくり。

IMG_1374

もっともっと会社が大きくなった時、私は今日の光景を思い出すと思う。





























今日は岐阜市障害者総合支援協議会に出席した。
岐阜でもいよいよ12月からガイドラインに沿って精神障がい者の退院後支援が始まった。
くらしケアは居住支援絡みで独自に退院支援をしてきたけど、いよいよ本格的に地域移行をやれそう。

しかしいつも思うのは、世の中の精神科訪問看護に期待することは服薬管理だけなの?
服薬管理は精神科訪問看護のほんの一部でしかないし、くらしケアではいろんな支援をしている。

在宅では病院のように管理はできない。そこに大変さもおもしろさもある。


FullSizeRender

いよいよ13日は第3回親なきあと勉強会。
当事者の方々と親なきあとを見据え、どこに住み、どんな生活をし、何をしたいかを一緒に考えていきたい。


















今朝、FacebookとTwitterに以下の投稿をした。

【拡散希望!】今春オープンの障がい者のグループホームで世話人さんとして一緒に働きませんか?
ご自身の時間を少しだけ地域で生活する障がい者のために。
朝07:00~10:00、夕方16:00~21:00の交代制で、何人かでシフトを組みます。
当事者で就労希望、当事者ご家族も大歓迎!
場所は岐阜市琴塚です。
ハローワークにくらしケアで求人出してます。

身内も含め、いろんな人がシェアしてくれた。
ステキなご縁がありますように。

人は決してひとりでは生きていけない。
関係性の中でしか成長しない。
新しいことに挑戦するのは不安もつきものだけど、一度きりの人生だからいろんな体験をしたもん勝ちだと思う。
失敗というのは成功の反対じゃなくて成功の一部。
本当の失敗は何も行動しないこと。


FullSizeRender

写真は娘ちゃんのかわいいルームソックス。
つい、耳をつまんでビヨーンと引っ張ってしまう。
温かそうで、ほっこりして、ありのままで、ユーモアがあって、リラックスできる、そんな居場所を作りたい。
ご利用者さまのためのグループホームやここぱーくはもちろんだけど、訪問看護や相談支援や事務局のスタッフが過ごす場所も。




























このページのトップヘ