くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

カテゴリ: プライベートプラス

快晴の母の日。娘ちゃんが珍しく日曜日にヒマだと言うので、栄ミナミ音楽祭に行ってきた。
主人は趣味の範囲で3つか4つのバンドをかけもちしており、こういうイベントが大好き。その影響で娘ちゃんもアコギを弾きながら歌うことができる。
私はオンチだけど(笑)

FullSizeRender

栄ミナミ音楽祭、年々大きなイベントになってる気がする。

今回、なぜこのネタでのブログ投稿かと言うと、往年のアイドルであるジュリーやピンクレディに元気をもらったから。

FullSizeRender

同世代?のおじさんおばさんが、とにかく楽しそうだった。あまりにも楽しそうなので、ついこちらも楽しい気分になる。

ジュエリーボックスとピンクボックスと言うバンド名で、岐阜や各務原で時々ライブをやってるらしい。フライヤーをうまい棒に巻きつけてみんなに配っていた。うまい棒に巻いてあれば、とりあえず受け取るもんね♫

人生の主役は自分自身。
好きなことが仲間とやれることは幸せ。
仕事も遊びも楽しまなくちゃ♫
そのためには時間は工夫して作るものだと思う。

そして日曜日の夜、明日仕事に行くのが待ち遠しいと心から思える今、私は幸せだと思う。































我が家の6人分の夕食作りの分担は、娘ちゃんが就職したことで以下のようになった。
月曜日、娘ちゃん。
火曜日、自由デイ。
水曜日、主人。
木曜日、息子ちゃん。
金、土、日曜日、私。

主人の両親と同居して20年。家事は嫁のやるものであり、義母は一切の家事から手を引き、全て私がやってきた。
そして、私が一人前に忙しくなったことで、ちょうど去年の今頃ブチ切れて、家事分担表ができた。
家事は手抜きをしても食べることは毎日。
今まで台所に立ったことのなかった主人にはかなりのプレッシャーのようだし、息子ちゃんは自分が好きな肉料理しか作らないけど、これを継続していきたいと思う。

FullSizeRender

金曜日の朝、出勤前に作った大量の肉じゃがなり。

くらしケアは女性のスタッフが多い。

女性が活躍できる職場として、安心して妊娠出産し、子育てを両立できる環境を整えたいと思っている。
食べること同様、子育ては毎日、手抜きはできない。
手がかからない子どもなんていない。
聞き分けの良い子どもなんていない。
子どものママは1人しかいない。

介護についても然り。両親を看取った経験から、スタッフにも介護に後悔はして欲しくないけど、抱え込まないことが大切。くらしケアなら両立できるはず。
かくいう自分は、義父母に対して「いつまでも元気でいてね」と心の中で祈るのみ(笑)

くらしケアが掲げる「看護の力」は女性に備わっている母性や強さの象徴だとも言える。
では、くらしケアのメンズ8人はどうかと言うと、とにかく女性に優しく控えめ。かと言って弱々しいわわけではなく、いざという時に頼れるオトコマエな人たちばかりなのだ(^^)































連休明け。スタッフと関係機関とご利用者さまと、とにかく休む暇なくしゃべりまくった結果、夕方には声が枯れていた(笑)

本日、ゆっくり相談に乗れなかったスタッフには申し訳ないm(_ _)m
遠慮なく捕まえて話しかけて欲しい。

アフターファイブ(死語か?)は、ホットヨガへゴー!!たっぷりデトックスとストレッチでチャージ完了。明日も元気に迎えるなり。

ところで突然だけど、
「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる」
聞いたことある言葉でしょ。
私はつい最近まで、この言葉を信じて生きてきた。

けど、XJapanのYoshikiがテレビ番組で言った。

「過去は未来で変えられる」

これからはコレで生きることにした。
ぜひ、お時間のある人は動画を見て欲しい。


FullSizeRender




























10連休が終わろうとしている。
私は初のソウル旅行でリフレッシュした。
欲張りなので、とにかく胃が休まる時はなく、生マッコリ飲みながら、ユッケ、レバ刺し、特大カルビ、サムゲタン、サムギョプサル、チーズタッカルビ、キムチ、チヂミ、お粥に、あげパン、ストロベリーボンボン、、、。

IMG_2596

地元の人で賑わってる場所が好きなので市場に言ったら、明洞よりかなりお値打ちにユッケが食べられた(^^)
そして、どこに行っても日本語で話しかけてくれるお店の人に感動した。それが仕事なんだろうけど、なんか、愛があった。
アメリカやイギリスに旅行した時、相手は当たり前のように英語しか話さなかったし、こちらがわからないと「わかんないの?」って顔する人もいた。
互いに歩み寄るって大事だと感じたし、だから私も韓国語を勉強したいと思った。
機内アナウンスで「お急ぎの所、恐れ入りやすが」とキャビンアテンダントが言ったことにクスリとしたし、またソウルに来たいと思った。
ソウルの夜はエネルギッシュで長い。みんないつ寝るんだろう?って思うけど、人生短し。そろそろそんな生活も良いかもしれない。

帰国後はエネルギッシュなソウルを持ち帰りつつ、すぐに仕事モードへ。この切り替えは得意な方だと思う。
連休をはさんで、社員面談の真っ最中。
すでに何人かと限られた時間ではあるけど、面談を終えての感想。
「私はネガティブ」って思ってる人が案外いる。
ネガティブは短所ではない。
さらに言えば、ネガティブな人間も組織には必要。
私がチャランポランなお祭りおばさんでいられるのも、ネガティブな人が危機管理をしてくれ、慎重な対応などを日々心がけてくれるから。
それに、ポジティブな人ばっかりの職場ってのも、かなり暑苦しいと思う(笑)

短所だと思うことはそのまま長所にして欲しいし、無理やり変える必要もない。
ありのままの貴方で良いのだ。
そして、まだ本人さえ気づいていないかもしれない、もしくは活かしきれていない長所を伸ばすのがマネージャーの仕事。
それを理解してくれている幹部候補がくらしケアにはいてくれるから有難い。
くらしケアにお寺の副住職さんがいるのを知らない人もいるかも。これって超ラッキーレアカードを持ってることになる。

長文にお付き合い頂き、ありがとう。
くらしケアを始めてから、休み明けがブルーになることもない。

カムサハムニダ(^^)
いやいや、コマウォヨ!!














令和に向けてのカウントダウンが始まった。
令和元年の初日の出はどうやら諦めた方が良さそうだけど、何でもお祭りや記念日にして楽しんでしまうことは得意。
あ、今日のブログは連休中は会えないスタッフにも、連休明けに驚かないように書きました(笑)

50にしてようやく周りが求めるキャラと自分がなりたいキャラの統合が起こりつつある。
そこで思い切って、米倉涼子風にして欲しいと最近行きつけになった担当の美容師さんに言ったら、バッサリ切られた。
サバサバしてるその美容師さんの正味5分ぐらいの雑なカットは嫌いではない。

ワカメちゃんだの、メガネをかければ泉ピン子だのとイジるうちの代表。

FullSizeRender

50代はドクターXみたいに潔くカッコよくいきたいと思う。
そして晩年は皇后美智子陛下のように品があり、神々しいオーラをまとったステキなおばあさんになりたい。
思うのも言うのも自由なり。






























このページのトップヘ