くらしケア 取締役 相談支援専門員 看護師 保健師 永井杜椛のブログ

カテゴリ: 精神科訪問看護

ご利用者さま、ご家族に育てて頂いている。

そう感じた日曜日。

いつものように、家族会例会に代表と一緒に参加した。
日曜日の開催には、平日には参加できない方々が多く参加していた。

さらに、精神科訪問看護を掲げるステーションから管理者と主担当の2名の参加。
パンフレットを配布され、がんがんご自身のステーションをアピールし、家族の方々の日常の困りごとに対して積極的にアドバイスをされたので、ちょっとだけ引いてしまった(笑)

家族会の方々にとっては、「くらしケアさんのようなことをしてくれるところなのね?」との質問があり、選べる先が増えるのは良いことだ。

けど、家族が外出できなくて困ったとき、本人の見守りのために最大1時間半、主治医の指示があればもっと長時間でも訪問をすると断言されたことには少し困惑した。
私は相談支援専門員の立場からも、誰のための支援かを常に考える。
過剰なサービス競争になるのは避けたいし、精神科訪問看護は家族支援で訪問できるとは言え、本来の目的を見失わないようにしたい。

例会に参加しはじめて3年。
最初は緊張したし、くらしケアのことを知ってもらい、受け入れてもらうまでには時間がかかった。
私も代表も、例会で売り込みをしたことはない。
代表は障がい当事者であり、実体験の中から障がいのある方のその人らしい自立を応援している。
私は精神の専門ではないけど、ご家族やご本人の苦悩に寄り添い、お役に立てることを考え続けてきた。

例会の終わりの時間が近づいた頃、「くらしケアさんも遠慮しとらんで、なんかアピールしときゃあ。」とご利用者さまで支援者でもあるご家族の方に促され、少しだけ近況を報告した。

くらしケアは、ご利用者さまやご家族に育てて頂きながらここまできた。
おごらず、謙虚に、感謝の気持ちを忘れず、これからも期待を裏切らないように常に努力し、くらしケアに出会って良かったと言ってもらえるよう、共にあり続けたいと思った。

IMG_1393

写真は、定期開催している親なきあとセミナー。
ご家族、当事者、支援者など、たくさん参加してくださった。今年は大垣と名古屋でも開催したい。





































今晩は岐阜圏域事例検討会に参加した。
精神科外来とアウトリーチもされてるW先生、精神科看護師、PSW、相談支援専門員、教員、スクールカウンセラー、就労系の支援員などなどが参加する。
定期的に開催され、参加者の1人がケースを出してみんなで話し合う。
この会の良い所は、とても難しいケースでも今後の支援の方向性が見えて、最後にスッキリするところ。
今日も、ケース提供者が最後に話したことが印象に残った。
「さっきまで洗濯機の渦の中にクルクルと一緒に巻き込まれていた自分が、そこから抜け出してケースを見ることができ、新しい視点から考えることができた。自分では思いもつかなかったことが発見でき、次回実践したいことが明確になった。」

こんな有難い場があるのだから、くらしケアでもどんどんケースを出して、アドバイスをもらえば良いと思う。

支援者として、常に学び続ける姿勢、自分の思考の偏りに気づいたり、日々に流されないように意識することも大切だと思う。

この会に参加したことでW先生からは何人も困難ケースをご紹介頂けている(笑)ので、帰り際にアドバイスもしてもらえる。
くらしケアの精神科訪問看護に期待してくれているのだと思っている。

もともと気さくな先生だけど、こんなに近くでドクターといろんなやりとりができる機会を逃すなんてもったいない。

次回はだれかスタッフと一緒に行けたら良いなと思う。

FullSizeRender

三連休は寒くなりそう。
風邪などひなかないようにね。



















































今日は岐阜市障害者総合支援協議会に出席した。
岐阜でもいよいよ12月からガイドラインに沿って精神障がい者の退院後支援が始まった。
くらしケアは居住支援絡みで独自に退院支援をしてきたけど、いよいよ本格的に地域移行をやれそう。

しかしいつも思うのは、世の中の精神科訪問看護に期待することは服薬管理だけなの?
服薬管理は精神科訪問看護のほんの一部でしかないし、くらしケアではいろんな支援をしている。

在宅では病院のように管理はできない。そこに大変さもおもしろさもある。


FullSizeRender

いよいよ13日は第3回親なきあと勉強会。
当事者の方々と親なきあとを見据え、どこに住み、どんな生活をし、何をしたいかを一緒に考えていきたい。


















今日はとりあえずちょっと愚痴らせてほしい。
ほんと、疲れた。。。

夕方、求人の問い合わせ2連チャン。
「ほんとに週休2日ですか?オンコールはないですか?18時で帰れると聞いたので、、、」
ありがたいはずの問い合わせなのにがっかり。
ハロワにウソつくわけないし。

弊社ホームページや代表ブログなどはチェック済みとのこと。ではなぜそこを開口一番で聞く?
目の前で聞いてた代表が「違う人の電話なの?」と言うくらい連続で同じ話を繰り返した。

電話は顔が見えない分、話の内容や話し方からかもし出す相手の雰囲気には細心の注意を払って観察する。
人としてリスペクトできる人かどうかを。
くらしケアの人として一緒に働きたい人かを。
経験やスキルはそのあとの話。
どんなに優秀な看護師でも、病院では通用しても訪問看護ではNGなことってあるし。
最後に「お名前、お聞きしていいですか?」と。あなたは名乗っていないのに、私の名前は聞くんだ。
はい、わたくし、永井と申します。
採用主担当者でございます。

気を取り直して。
朝刊のステキな記事をシェア。
日本人って、日本語って素晴らしい。

FullSizeRender

今日の夕方の電話対応を振り返ると、あまりにも大人げなかったと反省。疲れによる心の余裕のなさから感情コントロールできなかった自分に自己嫌悪。

私は採用した人には責任を持つし、ご利用者さまや他のスタッフのためには愛を持って叱ることができる人と仕事がしたいだけ。
お問い合わせ頂いた方、失礼しました。






















くらしケアの社内研修、精神科訪問看護のスキルアップのための認知行動療法を全10回で学ぶコースが今日終了した。

FullSizeRender

素晴らしい講師であり実践者に出逢えたことは本当にラッキーだったと思う。

FullSizeRender

最終日は学んだことを3グループに分けての発表。
講師のアイデアで、M-1ならぬC-1グランプリ。
私は上沼恵美子を意識した審査員。
日々の業務で忙しい中、みんな頑張ってくれていて全部満点をつけたくなるほどに感動した。
インプットはアウトプットすることでより深まり、日々の実践は繰り返しの中で磨かれる。

私には師匠と呼ぶ人が2人いる。
開業保健師のパイオニア村田陽子さんと、心と体のセルフメンテナンスの水科江利子さん。
そして、3人目を勝手に今回の講師の近藤和樹さんにしたいと思う。いよいよ年下の師匠が現れたぞ(^^)

認知行動療法は学べば学ぶほど奥が深い。
ご利用者さまのため、くらしケア精神科訪問看護の質の向上のため、これからも学び続けたい。

そしてその前に、スタッフみんなに、支援者こそ自分を知り、支援者こそ自分が楽であるための考察をしてもらえていたならば、私の目標は達成した。




























このページのトップヘ